画像: Lording

TOY'S FACTORY
BUMP OF CHICKEN

1996年から活動を続けるバンド「BUMP OF CHICKEN」のオフィシャルサイトをフルリニューアルいたしました。
イメージソースでは、企画、情報設計、UI/UX、フロント/バックエンド開発、など、サイト構築全般に関わらせていただきました。

もともとサイトには長年積み重ねて来た素材の数々があり、これらに「より触れやすく、より見やすく」することを意識し、さらに、バンドの今を「運営する側は伝えやすく、見る側は感じやすく」するために根本から見直し、バンドの資産をアーカイブするための場所としてどうあるべきかを考え、あらゆる部分を設計いたしました。
アクセスのほとんどを占めるスマートフォンユーザーに向けて、UI/UXのデザインや、トラフィックパフォーマンスをより快適にするためのシステム構成など、様々な面での工夫を行なっています。
サイト全体でページフォーマットにこだわらず、コンテンツごとの性質にあったページデザインを行い、それぞれの情報に接触しやすくしました。

今後も、長期的な運用やUXの改善などを視野に入れ、定期的にアップデートを行なっていきます。

(English) Japanese rock band Bump of Chicken has enjoyed a loyal following for more than 20 years. Fans would rush to access newly released content, and the band’s website periodically buckled under the strain. IMG SRC was hired to provide a stable and quick-loading redesign.

They interviewed core fans to find out how they wanted to interact with the site. Fans wanted to keep current, but also enjoyed delving into the archives. A complete redesign to improve intuitive access to the band’s treasure trove of classic photos and videos was needed.

To ease pressure on the site and reduce loading times, photos were optimized and put on a separate server. A neutral look also ensured that these past works—reflecting the band’s ever-evolving visual style—would not clash aesthetically. IMG SRC strove to make the entire experience meaningful for fans, and even the 404 page shows a panoramic arena shot. Fans noticed the site’s attention to even small details and responded enthusiastically on social media.